ライフ

VRの先にあるもの

匿名

2017/01/27

昨今話題のVR。これは仮想空間を現実に近づけるための技術の最先端のものの一つと言える。

ここにきて、少なくとも視覚という観点からは仮想空間に現実と同様の体験をほぼ再現できる目処が立ったといえる。


なぜ仮想空間においてわざわざ現実を再現するかと言えば、現実の一部代替として仮想空間を用いるためであり、非現実を味わうための下準備として現実と同じような知覚が必要になるのである。

しかし、技術の目的自体は非現実を体感するところにあり、単に現実と同じものを再現するだけではこの目的を達成するには不十分足りうる。


そこでVRの先に求められるのは、現実ではおよそ不可能な知覚体験ではないか。そしてその知覚体験は夢と現実を混同させることにより可能になるのではないか。


人間はおよそ五感のみによって知覚を行うが、その例外として夢の中などでは脳の認識エラーにより独自の感覚を味わうことがある。

例えば、夢における、五感の作用によらず(そして知識に基づくでもなく)「何故かわかる」というような感覚である。

他にも金縛りの時などは夢と現実の境界は極めて曖昧になり、イメージと五感による知覚が混同したものとして味わうことができる。

また、麻薬等による幻覚作用も同種の経験をもたらすだろう。


技術革新によって、脳に直接知覚を行わせるよう働きかけることができれば、およそ現実では体感不能な、機械による独自の拡張領域をつくれるのではないか。お休みなさい。

1

5

すべてのコメント
  • B1 匿名

    2017/01/27

    0

    一言で言うと、ソードアートオンライン?

  • B2 匿名

    2017/01/27

    0

    その結果てんかんになったら元も子もないですけどね笑

    脳波の読み取り技術は進歩しつつあるので、あとは脳にどのように知覚を感じさせるか

    最近磁気を用いて働きかける技術もあるらしいですね

  • B3 匿名

    2017/01/27

    0

    神経科学だよね、たぶん。脳に電極で電気流すとくそ気持ちいいと聞いたことある

  • B4 削除済み

    2017/01/27

    0

    このコメントは雪にうもれてしまいました。

  • B5 匿名

    2017/01/27

    0

    ソードアソートオンラインわからないん

コメントする ...