ライフ

「2.6.2の法則」 多くの回答求む!

匿名

2017/01/29

同意→あ

不同意→い

でお願いします🙂


人間が集団を構成したら、アリと同様に、

「優秀な人が2割、普通の人が6割、あまり働かない人が2割」

の構成になりやすいのです。


例えば、集団で何らかの活動をすると、

2割の人が、率先してリーダーシップを発揮し、

6割の人が、そのリーダーシップに引っぱられて働き、

残り2割の人が働かない傾向があると言われています。

0

14

すべてのコメント
  • B1 匿名

    2017/01/29

    0

    同意不同意ってよりもその2.6.2という数字を算出した根拠を明示しないと個々人の体感からくるアンケートになりますけどいいんですか?

  • B2 匿名

    2017/01/29

    0

    >>B1 そう言う風に捉えるのならその捉え方でも大丈夫です。

  • B3 匿名

    2017/01/29

    0

    >>B2 でしたら優秀4割普通3無能3くらいと感じます、セレクションバイアスあるとは思いますが

  • B4 匿名

    2017/01/29

    0

    >>B3 なので「い」

  • B5 匿名

    2017/01/29

    0

  • B6 匿名

    2017/01/29

    0

    い派が多いですね

  • B7 匿名

    2017/01/29

    0

    と答えたいですが、い ですね。

    なぜかと聞かれたら自分が働きたくないからもうちょい働かないやつを増やして欲しいという願望があるから☆


    実際の統計的な結果なんですか?

    日本とかニート多すぎて163くらいになってる気がしますが。

  • B8 匿名

    2017/01/29

    0

    あ派


    今やっているプロジェクトがその割合になってます(笑)

  • B9 匿名

    2017/01/29

    0

    >>B7 言われているだけであって果たして本当なのかというのが今回のテーマです🙂

  • B10 匿名

    2017/01/29

    0

    >>B8 どんなプロジェクトですか🙃🙃

  • B11 立命館大学

    2017/01/29

    0

    >>B9

    興味深い疑問ですね。

    大学の課題か何かですか?

    自分は経済学部出身なのですが、政策科学の方面に応用できそうですね。

  • B12 削除済み

    2017/01/29

    0

    このコメントは雪にうもれてしまいました。

  • B13 匿名

    2017/01/29

    1

    >>B10 ワークショップみたいなものです!

  • B14 匿名

    2017/01/29

    1

    >>B11 課題ではなく去年あたり、ゼミの先生が出して来たものです🙂

コメントする ...