独り言

新聞勧誘という闇

東京芸術大学

2016/06/16

この前わたしの家に新聞勧誘の方が来ました。

美術館のチケットがもらえるキャンペーンをしてるらしく、わたしは欲しさのあまり三ヶ月の購読を契約してしまいました。それはいいのだけれど、その営業のお兄さん自分の業績がかかっているからキャンセルだけはしないでくれと頼まれ、少し同情しました。だんだんその言葉が頭から離れなくなり転職してもっと稼げる仕事したらええやんって思ってしまいました。

お兄さんが去っていき、私は用事で慌てて家を飛び出すとさっきのお兄さんが崩したスーツ姿で原チャに片足を置き会社に電話をしているところに出くわし、さっきまで話していた人は誰なんやろう、と同情した自分が阿呆らしくなりました。


勧誘の仕方はいろいろありそうだけど少し汚い手段だなと新聞勧誘の闇が垣間見えました。

みなさんは勧誘などしういったエピソードはありますか?

2

4

すべてのコメント
  • B1 立教大学

    2016/06/17

    1

    読○新聞に「ジャイアンツのチケットあげるよ!」と粘られたので「西武ファンや」って逃げた。

  • B2 学習院大学

    2016/06/17

    0

    それの何がいけないのか自分には理解できないです。

    何がいけないんですか?

  • B3 一橋大学

    2016/06/17

    0

    キリスト教勧誘されたとき、すみません、わたしイスラム教勉強しておりますので、特定の宗教に所属することは致しかねます。

    って言った。実際勉強してたので嘘ではない笑

  • B4 削除済み

    2016/06/17

    0

    このコメントは雪にうもれてしまいました。

コメントする ...