独り言

あまりいないかもしれませんが…

匿名

2016/10/17

詩や文学が好きな人いませんか?僕は文学部ではなく法学部ですが文学が昔から好きで、特に俳句、短歌が好きです。もしそういう方がいたら男女問わず是非お会いできたらなぁ。と思います。大学にそういう機会がないので…。


僕が好きなのはヨーロッパ、日本の近代文学ですが、村上春樹も好きなのでそういう方がいたらコメントしてください。(現代作家、ラノベ、近代以前の古典文学は詳しくはないです)

0

11

すべてのコメント
  • B1 学習院大学

    2016/10/17

    0

    文学好きがあつまるとどういう話するの?もちろん文学の話をするのはわかるんだけど、具体的に本の名前あげて感想を述べ合うとかそういう感じ?

  • B2 明治大学

    2016/10/17

    0

    言文一致になるかならないかの時期の文章とかどうですか?例えば鴎外の舞姫とか。

    あとは中島敦とかも好きです

  • B3 匿名

    2016/10/17

    0

    >>B1 個人的な具体例ですが、結構難しいです笑、というのは例えば村上春樹が好きなら村上春樹のこの本だけが好きって人もいれば、何冊か好きな人もいますし、もう暗記しているのかってぐらい読み込んでいる人から、あー読んだよーレベルまで様々です。なので具体的な本の名前を挙げて感想を述べあうのも結構難しかったりするんです…だからこそ趣味の合う人とあうと嬉しいのですが。

  • B4 匿名

    2016/10/17

    0

    >>B2 いいですね!山田美妙以後ということでしょうか。とても好きな時期です

  • B5 明治大学

    2016/10/17

    0

    >>B4 石炭をばはや積み果てつ…の書き出しに象徴されるような、古風な言葉遣いでありながら特別な勉強をせずともギリギリ読めるあの感じが好きです。

    中島敦はとにかく言葉の選び方、運び方が美しい。戦前の知的エリートの凄さみたいなものを強く印象づけられた作家のひとりです。


    あとは、海外で言えばヘッセとか好きですね。今日スタートのドラマ「カインとアベル」で、「デミアン」を思い出していたところです。

  • B6 匿名

    2016/10/17

    0

    >>B5 森鴎外だともちろん舞姫も好きですが普請中とか、短編も好きですね。中島敦は明治以前の漢文的教養と明治後の西洋的教養をうまく文学化してるという印象ですね…


    ヘッセは車輪の下とか少年の日の思い出とかノスタルジックなイメージの強い作家ですが、デミアンはそれとは少し色合いが違うなと思います。ニーチェの影響を受けてるみたいですね。

  • B7 匿名

    2016/10/17

    0

    >>B6 漢文的教養と西洋的教養!まさにその通りだと思います。


    たしかにデミアンから作風がかなり変わったとされていますね。


    最近読んだものだと、痴人の愛もなかなか良かったです。

  • B8 明治大学

    2016/10/17

    0

    >>B6 >>B7 操作ミスで匿名にしてました笑

  • B9 匿名

    2016/10/18

    0

    >>B7 痴人の愛はまだ読めてないですね…トーマス・マンとか読まれます?

  • B10 明治大学

    2016/10/18

    0

    >>B9 谷崎は文体が好きだと感じました。

    中島敦しかり、戦前のノリのもとに書かれた文が好きなのかも。


    いえ。魔の山の存在は知っていますが実際に読んだことはありません。いかがでしたか?

  • B11 匿名

    2016/10/19

    0

    >>B10 芥川龍之介は谷崎を批判してますよね。どちらもすごい作家なんですが笑


    魔の山はまず、長いし難解です。が当時他の作家や後世に与えた影響は非常に大きいと思います。一番わかりやすいのが村上春樹のノルウェイの森のテーマで、魔の山のフレーズである「死は生の対極ではなく、その一部だ」はノルウェイの森にも出て来ますね。

コメントする ...