ライフ

【法学部】教えて!頭のいい人!

匿名

2016/12/15

憲法なんですが


憲法には、内閣が衆議院における内閣不信任案の議決や内閣不信任案の否決がなくても衆議院を解散できると明文で定めている規定はないが、内閣は当初から衆議院の解散を天皇の国事行為とする憲法7条に基づき、衆議院を解散してきた。


の誤ってるところをあげよ。という問題です!

解説には解散が69条の場合に限定されるという理解にたって当初は解散が行われていた。とあって、つまり全部違うって事で良いんですよね?

0

3

すべてのコメント
  • B1 匿名

    2016/12/15

    0

    なんで国事行為関係あるねん

    酔ってるからわからんけど

  • B2 匿名

    2016/12/15

    0

    >>B1 憲法7条の第3号に書いてあります!

  • B3 匿名

    2016/12/16

    0

    後段が間違ってるんでないかい?

    前段の明文規定がないのは合ってるでしょ?

コメントする ...