独り言

時間の正確性

学習院大学

2016/04/14

人って時間っていう縛りがあるからこそ、規則正しく生活できないと思うんですよね。

一時期バックパッカーとして日本を旅してるときは全然時計というか時間を意識してませんでした。外部との連絡も全然とらなかったです。


日が沈むと同時に眠り、日が昇ると同時に目を覚ます生活。

とても有意義でした。屋根がないところで本当に自然に5時ごろに目がさめるです。日の光で目が醒める感覚。

今何時なんだろう、時計をみなくてもだいたい感覚でわかります。もちろん多少の前後がありますが。


時間、時間ってそんなに気にしなくてもいいんじゃないかなってたまに思うんですよね。


まあここ日本で過ごしている以上そんなのは絶対無理でしょうが。

5

9

すべてのコメント
  • B1 慶應義塾大学

    2016/04/14

    1

    時間、特に分刻みの時間は近代の産物です。軍隊、学校、工場はすべて分刻みのスケジュールによって支配されています。それにより進歩と退廃を獲得したのです。

  • B2 削除済み

    2016/04/15

    0

    このコメントは雪にうもれてしまいました。

  • B3 匿名

    2016/04/15

    1

    これちょっと話ずれるかもしれないのですが、勉強するときに、

    休憩時間を時刻とかできっちり決めるよりは、辛くなったら休むみたいな風に決めた方が捗りますよね!


    いわゆる、学校みたいな休憩時間指定システムより、その日のコンディションによって自分のペースで休んだ方がパフォーマンス上がります!

  • B4 学習院大学

    2016/04/17

    0

    >>B1 進歩と退廃を繰り返してきたが故に多くの犠牲を生み出したのではないですか?もちろん時間があることのメリットともわかりますが、デメリットもあると思うですよね

  • B5 学習院大学

    2016/04/17

    1

    >>B2 ちょうど良いって難しいですよね。

  • B6 慶應義塾大学

    2016/04/17

    0

    >>B4 僕の言葉では犠牲と退廃は同じような意味で使ってます

  • B7 立教大学

    2016/04/17

    1

    丁度、「ポリクロニックタイム(感覚的な時間)」と「モノクロニックタイム(時計通りの時間)」という概念を異文化理解で習いました。文化によってどちらに重きをおくかは違うようですが、あなたが言ってるような時間感覚を重視するような文化というのは勿論あるので、自分の肌に合う文化の土地で暮らすのも一度きりの人生ありかもしれませんね。

  • B8 学習院大学

    2016/04/19

    0

    >>B7 初めて知りました。僕の場合はポリクロニックタイムですね。やはり感覚的時間で過ごすことは僕らしい気がします。面白いですね!それ!

  • B9 立教大学

    2016/04/19

    0

    >>B8 でしょでしょ! 例えば田舎に行くと乗り遅れそうな人がいたら、発車を少し待ってくれたりするでしょう。そういう、時計通りの時間以外にも価値を置ける事って僕も好きです。

コメントする ...